キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 結納と半額返し : 結婚指輪ランキング情報紹介サイト

結納と半額返し

ランキング上位の結婚指輪をチェック、予算はあらかじめ立てておこう

結納と半額返し

結婚に当たり、結婚指輪、婚約指輪、結納金を男性側から女性側へ贈るという習慣のある地域もあります。

冠婚葬祭に関しては習慣として行うので、地域や年代によって考え方はさまざまです。

現在では、結納に関しては省略して双方の家族で小さい食事会などを行い、顔合わせをしておしまいにするところも増えています。

※参考記事:結婚も“選択の時代”へ お金があっても「ナシ婚」を選ぶ20~30代の言い分

結納金に関しては、婚約指輪を贈る場合は現金に替えて考え、いただいた金額の半額を目安に女性が男性に時計などを贈り結納返しにします。

現金で結納金をいただいた場合でも、半額返しは基本です。

結納金の半額は手元に残りますが、それを利用して新居の生活を始めやすいように、家具や家電を女性の側が購入するという地域もあります。

家具に使わないのならば、新婚旅行の予算に振り分けるなど、カップルの今後の生活のためになるようにお金を使うのです。

結婚指輪はお互いの指輪を購入するというカップルや、折半にして半額ずつ出し合う、婚約指輪を購入しないので男性が両方の金額を出すなど、それぞれのカップルで話し合って決めるのでケースバイケースです。

男性側が女性の結婚指輪を購入する場合、ランキングなどでも如実ですが、どうしても女性のリングの方が男性のリングよりも高額なので、少し負担が大きくなる傾向もあります。

ランキング上位のブライダルリングなどをチェックして、予算をあらかじめ立てておくといいでしょう。

結婚式は双方の両親の希望で執り行うカップルも多く、結婚式にかかる費用は親世代が持つというケースが少なくありません。

結納金はカップルの新生活に使うもので、結婚式の費用に充てないのが一般的です。

お互いの価値観だけでなく、出身地の風習、お互いの両親の考え方など、結婚式の準備中には今まで知らなかった相手のバックグランドが垣間見えるタイミングでもあります。

よく話し合い、刷りあわせをしながら進行するのがもめないコツです。